スポーツ業界のニューノーマル に挑む現役サッカー選手が同世代に伝えるメッセージ

ニューノーマル な生き方の先に見据える大きな夢

3_tsunami.JPG

都並 優太

1992年生まれ

 

株式会社奈良クラブの選手兼クラブスタッフ。

現在は、奈良クラブのサッカー選手であり、同クラブの営業、またサッカークラブの普及活動に取り組んでいる。奈良県内のサッカースクールの先生も務めるなど、地域のサッカー普及にも務めている。

昨年同クラブの監督だった林舞輝が、今年浦和レッズのコーチに抜擢されるなど、今一番輝きを放つクラブの一つだ。

INDEX

PART 2 /  ニューノーマル な生き方の先に見据える大きな夢

リーグクラブがない奈良県にサッカーを普及させたい

—— 今後、人生において叶えたい目標はありますか?

都並 今明確にあるのは、奈良クラブでJリーグに昇格したい、ということですね。

奈良県ってJリーグのチームがない、日本では数少ない県なんです。サッカーというスポーツの普及もまだまだ広がっていない中、自分たちが結果を残すことで、この地域にサッカーというものが根付いていくようなきっかけになる成果を残したいというのが一つ大きな目標です。これは、選手としての目標ですね。

自分がニューノーマル なモデルケースになる

都並 個人としては、今年は去年の経験も踏まえて、自分みたいな「サッカー選手+●●」みたいな複業の形という意味で、サッカー選手の新しい形、自分がニューノーマル なモデルケースになれるように頑張りたいなと思ってます。

クラブ単位で支援してくれる企業様とか個人様とかいらっしゃると思うんですけど、自分っていう単位でも応援してくれる人たちは少なからずいると思うので、そういう人たちと例えば何か一緒に作っていったり、モノを共創できたり、自分がコミットできるような活動を自分発信でやっていけたらいいなと思って。

 

なんでこういう活動をしたいかというと、今までサッカーを諦めなきゃいけなかった人間もたくさんいたと思うんですが、そういった人材とかを拾い上げられるなって。

例えば、一般企業に就職した方が安定している、そういう固定概念みたいなものにとらわれて、大好きなサッカーを道半ばで諦めてきた選手とかもいると思うので、自分が、こういう複業みたいな形でもサッカーってできるんだって、そういうことを実現したいんです。自分っていう人間に価値があって、それを応援してくれる人がいて、選手として成り立っていけるような形が作り上げられれば、いっぱいサッカーで夢を見るような人たちが増えていくんじゃないかなと、それが今の僕の夢です。

3_tsunami.JPG
サッカー選手のセカンドキャリア問題を個人から解決

—— それが実現でできれば、スポーツがもっと広い人に浸透しそうですね

 

都並 現役やりながらでも、現役が途中で終わってしまっても、やりきった後でも、社会に出ていくようなある程度の知識と免疫みたいなものがあれば、スムーズに、路頭に迷うことなく社会に入っていけるような人材も増えると思っていて。サッカー選手のセカンドキャリア問題、アスリート全般ですけど、やっぱり僕が仕事してみて思ったことは、知らないということが一番怖いと思ったんで、その一朝一夕じゃスキルは身についていかないと思うんですけど、少しでもその知識があるだけで、一歩目を踏み出せる怖さみたいなのは無くなると思ってます。

 

—— 教育みたいな形になるんですかね

 

都並 それにも近い活動ができればいいかな。特に大学生とか、サッカーやりたいけど色々迷ったり、自分も結構そういう時期は多かったんですよね。一つ新たな選択肢として、そういうことを少しでも考える選手が一人でも多く出てきたら、なんかこうサッカー選手のキャリアというものも変わると思うし、選手が地域、クラブに与える影響というのもまたもう一歩広がって、より良い関係性にもなれると思ってます。日本サッカー界ということを考えた時に、こういったご縁があって活動させてもらった結果、今の考えに至りました。

 

サッカー選手のセカンドキャリア問題を個人から解決

—— それが実現でできれば、スポーツがもっと広い人に浸透しそうですね

 

都並 現役やりながらでも、現役が途中で終わってしまっても、やりきった後でも、社会に出ていくようなある程度の知識と免疫みたいなものがあれば、スムーズに、路頭に迷うことなく社会に入っていけるような人材も増えると思っていて。サッカー選手のセカンドキャリア問題、アスリート全般ですけど、やっぱり僕が仕事してみて思ったことは、知らないということが一番怖いと思ったんで、その一朝一夕じゃスキルは身についていかないと思うんですけど、少しでもその知識があるだけで、一歩目を踏み出せる怖さみたいなのは無くなると思ってます。

 

—— 教育みたいな形になるんですかね

 

都並 それにも近い活動ができればいいかな。特に大学生とか、サッカーやりたいけど色々迷ったり、自分も結構そういう時期は多かったんですよね。一つ新たな選択肢として、そういうことを少しでも考える選手が一人でも多く出てきたら、なんかこうサッカー選手のキャリアというものも変わると思うし、選手が地域、クラブに与える影響というのもまたもう一歩広がって、より良い関係性にもなれると思ってます。日本サッカー界ということを考えた時に、こういったご縁があって活動させてもらった結果、今の考えに至りました。

—— 子供達もサッカーを見る目が変わってくるし、親御さんのサッカーという職業に対する捉え方、教育も変わりますよね。

 

都並 奈良県っていうところに限定されているかもしれないですけど、営業とか行っていても、社長さんとか上の役職の皆様と話した時に、どうしても「サッカーはねえ……」「野球の方が……」とか、まだそういう風潮なので。でもこれからサッカー出身者の人って社会に徐々に増えていくと思うので、そういった中でサッカーに携わりながら社会でも活躍できるような、サッカーやめたあとでも会社でヒーローになれるような、そんな人材がどんどん、もちろんサッカー界だけじゃなくいろんな業界に広がっていくことで、またサッカーという価値が日本においては上がっていくんじゃないかな、と。

 

—— 確かに、ただエンターテインメントの部分だけではなくて、社会に対してあらゆる面で貢献する選手が増えるのは面白いですよね。

 

都並 気は遠くなります…。

自分ができるのか、と思うこともあるんですけど、別に自分が全てやるというわけじゃなくて、自分が一つモデルになれれば、それをいいなと思ってくれる人が一人でも後続に続けば、またそれが大きく広がると思うので。

 

自分のカタチで発信して、活動範囲を広げていく

—— 都並様が、自分がニューノーマル な生き方のモデルになる!とおっしゃられていましたが、今後の活動として、どんなものを計画されていますか?

 

都並 夢や目標につながるような下準備じゃないですけど、できる範囲で少しずつ始めています。

それにあたり、改めて自己分析して、一つ一つ紐解いていって、それが形になるように、今いろんなところでお話をさせてもらったり、お手伝いをしてもらったり、という感じです。

 

—— それは何時頃にオープンにできるんですか?

 

都並 ちょっとまだ(笑)予定では4月最初にスタートする感じだったんですけど、ちょっとずれ込むかなって感じです。あとはまあ、それができれば、自分の活動範囲が広がっていく感じ。今考えているのは、自分のHPを持とう、みたいな感じですね。(都並さんの公式サイト「TSUNAMI YUTA」はこちらから)

活動報告含め、サッカークラブの形をまさに「自分」の形にしようかなと。

自分のSNSとか、例えばスポンサー企業の紹介などもやってきたので、そういうのを公式に、説得力のある形でやりたいなって。ということを考えるとそういうフォーマットが一つあると話もしやすいし、新しくこういうことやりたいです、ということにも説得力がある感じがしたので、今それを作成して、自分が持っているコミュニティの全てをそこに集めて発信していきたいなと

 

—— 私も都並さんのユーチューブ拝見しました!

 

都並 まじすか!あれは趣味・嗜好の範囲です(笑)

でもあれも僕的には、将来的な夢に繋がっているというか、いざそれを使う時が来た時に、引きになるんじゃないかと思ってやり続けようと思っていますが、どうも制作が大変で(笑)委託したいくらいです。

 
メンターを持ってから、俯瞰力が高まった

—— 今回メンターワークアウトを使っていただいて、始める前の自分と比べて自己成長を感じるところはありますか?

 

都並 めちゃくちゃあります。

自分を俯瞰してみることとか、より精度が上がりましたね。もともとスポーツ選手なので日頃から自己分析するんですけど、やっぱりどうしても凝り固まってたところがあったんです。そういったものを第三者目線で、自分と全く違う視点から見てくれて、自分の気づかないところを一緒に改善していってもらっているような感覚がありました。

61.png
70.png
都並選手のプログラム.png
70.png

今でも覚えているのは、最初に、メンターワークアウトをした時に、「都並くんの語尾は長い。流れるように喋るよね」と言われたことを今でも覚えていて。確かに「なんとかなんだけどなぁ」「これはこうでー」とか。それ言われた時に自分の中ですごくカルチャーショックで、「あ、そんな風に喋ってるんだ」みたいな。それって確かに自信なさそうに聞こえるし、どっちつかずに聞こえますよね。自分の性格上優柔不断なところがあったんで、それを指摘されてからすごく話し方とかを意識するようになりました。例えば自分の中で両極端な意見が二つあったとしても、どっちもはっきり言い切るようになりました。言葉から改善していくという面でもすごく参考になりました。

父親との比較、嫌だった自分はもう過去に

—— 伝える力は、スポーツ選手に限らず、どこの世界でも重要ですよね。

 

都並 あとは、どうしても生まれの話の中で、自分の中にあるどうしても払拭できなくて、切っても切り離せないものに対してコンプレックスがあったんですけど、メンターワークアウトをしたことによって切り離せるようになりました。自分の中では改善できていないままであったことが、新しい考え方というか、そこにこだわる必要がないんだなって。

簡単にいうと、自分の父親との比較というところで小さい頃からずっとコンプレックスがあったんです。2世として、多分周りからしたらそんなに深い意味合いで扱ってもらってるわけじゃないんだけど、どうしてもそういうワードが出てくることに対して、自分が敏感になるというか、それに対して反抗するじゃないですけど、言われることに対してあんまりよくない感情や表現をすることがあって。それが大人になるについれて徐々に改善してきているな、というのは分かっていたんですけど、どっかでまだまだ切り離せない部分もあって。去年メンターワークアウトを受けたことによって、それが全然違った視点になったんですよね。

 

—— 都並さんは引き続きメンターワークアウトをご利用されますよね。ありがとうございます。

 

都並 図々しく継続させてください!なんて言っちゃって(笑)メンターには本当に助けられています。すごい、なんだろ、自分の母親と同じくらい話しやすいんですよね(笑)

元サッカー日本代表選手である都並敏史氏を父に持つ都並優太選手
幼少時代の都並優太選手
インタビューに答える都並選手
都並選手から20代へのメッセージ
71.png
75.png
3_tsunami.JPG

株式会社 奈良クラブ

都並 優太

1992年生まれ

 

株式会社奈良クラブの選手兼クラブスタッフ。

現在は、奈良クラブのサッカー選手であり、同クラブの営業、またサッカークラブの普及活動に取り組んでいる。奈良県内のサッカースクールの先生も務めるなど、地域のサッカー普及にも務めている。

昨年同クラブの監督だった林舞輝が、今年浦和レッズのコーチに抜擢されるなど、今一番輝きを放つクラブの一つだ。

> PART 1はこちらから
自分の価値を「複業」で活かす都並優太選手に迫る

80.png

大学を中退して、単身カンボジアへ移住。そして起業。彼が成し遂げたいこととは

山勢 拓弥

1993年生まれ

makoto.jpg

暗闇ボクシングで話題のb-monsterを経営する 26歳社長が同世代に伝えるメッセージ

塚田 眞琴

1994年生まれ

食べチョク 取締役 松浦悠介

“農業を変える”ビビッドガーデンの、20代取締役が同世代に伝えるメッセージ

松浦 悠介

1995年生まれ