EQ型マネジメント_OVER20

人生100年時代は、VUCAの時代。

今まで以上にキャリアオーナーシップが求められ、各人の自律が求められています。

 

次々に生まれる新しい価値観。それらを追い風に勢いを増す若者。

プロフェッショナルメンターは、これまでのやり方で管理できたマネジメントではなく、個々人の潜在能力を解放するコミュニケーションを得意とします。

 

これから組織人に必要な能力は、トップダウンのコーチング型マネジメントではなく、"リーディングフロムビハインド"の背中を押すリーダーシップです。つまり、各個人の能力をいかんなく発揮させ、後押しできるEQに基づいたマネジメントコミュニケーションが求められています。

当社の提供するEQ型マネジメント研修では、コーチング、カウンセリングとは一線を画すコミュニケーション方法を学びます。

大切なのは、マニュアルではなく、実践です。

管理するコーチング型マネジメントから
時代は、育てる EQ マネジメントへ

受講生の所属先 一覧

 

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、日本電気(NEC)、UR都市機構、セールスフォース・ドットコム、電通、AOKIホールディングス、ビデオリサーチ、日本電信電話(NTT)、ヒルトン、星野リゾート ...など

実践型カリキュラム

知識 編

経 済

AI・ITで
​変わる日常

数字で見る
​日本社会

Society5.0

​世代別研究

働き方2.0

​ケース
スタディ

Level.1 カウンセリング基礎

ロープレではない。徹底的に実践するからスキルが身につく

カウンセリング実技を繰り返し行います。カウンセラーとしてはもちろん、クライアントを体験することで「自身のカウンセリングはどのように見えているのか」といったクライアント視点を得ることができ、自身のカウンセリングを振り返る学びとなります。また、他者のカウンセリングを聴講することで、新たなカウンセリングスタイルを身につけることができるなど、カウンセラー・クライアント・聴講を繰り返すことで、自らのカウンセリングスタイルへの学びを深めます。座学の時間では、テクニカル的な話だけではなく、事例紹介を交えたケーススタディを行います。

Level.2 EQ型マネジメント基礎

1回完結型メンタリングの完成

本講座はメンタリング実技とスーパービジョン(以下、SV)の繰り返しです。1回完結型を目指した60分のメンタリング実技の直後に行われる講師とメンバーによる複数の視点からのSVは、迅速かつあらゆる角度からのスキルアップをかなえます。講師からの個別SVでは、逐語録と音声で振り返りながら、次回に向けた修正・課題が出されます。SVは、個々の迅速なスキルアップを意識したもので、各自の性格や特長に合わせた指導が行われます。道場のように、優秀な同士と集中的に実技を繰り返すことで、あなたのメンターとしてのスタイルが明確になります。

Level.3 EQ型マネジメント実践

一般の方をクライアントに迎えての実践トレーニング

各自の目指す場所に合わせたクライアントを準備します(例:社内メンターであれば一般会社員、大学キャリコンであれば学生など)。本番同様、サロンを貸しきり、クライアントと1対1の空間で60分実施。クライアントには、別途アンケートを用意しており、感想(フィードバック)を確認することができます。本番中は、音声のみ録り、後日、逐語録と音声データ、アンケートを基に講師からSVを受けます。

ABOUT THE LECTURER

パートナー プロフェッショナルメンター が講師を務めます。