ビジネス会議

MENTOR WORKOUTを活用した人材創発戦略は組織の持続可能性をも高める

EQ型マネジメントのトレーニングを受けたプロフェッショナルメンターは、個人の成長を生み出し、組織に多くの生産性とイノベーティブな変化を生み出します。

自律型人材の養成と人材創発戦略を同時に行うことで、組織全体の生産性を向上させる

ビジネスの世界での競争が激化する中、10年後のサバイブに欠かせないのは、如何にイノベーションの芽を生み出す土壌を整え、新しい価値観を貴重な情報源として取得するかです。OVER20では、時代の主流に一番近い若手社員やこれからの世代が、3年先5年先に続く組織生存の貴重なヒントを持っていると考えます。

メンターワークアウトで、20代社員の自律を養成し、フィードバックレポートで、彼らからのイノベーティブな情報価値の提供が可能になります。組み合わせて使うことで、企業の成長に必要な組織・人材創発戦略の強力なツールになります。

確証 1

kakusyo4.png

組織の文化を醸成するのか、それとも即効性のある劇薬で一時を凌ぐのか

変革に伴いミドル層にも火をつけていくのか、現状のまま優しく見守るのか、どちらがベストな選択ですか?

メンターワークアウトによる人材創発戦略には、大きく2つのタイプに分かれます。ボトムアップと人材創発戦略の策定を短期間で複数回まわすライオン型と、ボトムアップ若しくは人材創発戦略を単発で仕掛けていくシマウマ型に分けられます。

例にとって、成果毎にタイプを分けていきましょう。

<ライオン型>

・自律型人材の創発による企業生産性の向上

・離職率の削減による人件費のコストダウン/機会損失の減少

・メンターワークアウトメソッドの移植による企業生産性の向上

→  ライオン型の人材創発事例をみる

<シマウマ型>

・人事評価制度変更に伴うモチベーションフォロー

・従業員のエンゲージメント分析

→  シマウマ型の人材創発事例をみる

確証 2

hennka.png

ABOUT THE AUTHOR

Rika Ishido は、OVER20&Company. のCEOですが、法人メンター、カスタマーサクセスとしてプロジェクトリーダーを務めています。

EXPLORE A CAREER WITH US